買取店によるオークションの落札データを過信しないよう注意

車の買取店によっては、来店客に対してデータを提示している事があります。データとは、買取金額に対するものです。
そもそも車買取店に行けば、必ず査定額が提示される事になります。そしてその金額には、必ず何かの理由がある筈なのですね。
お店によってはその理由を、数字データなどを用いて丁寧に説明している事があります。いわゆる業者オークションの落札金額などをもとに、それを提示している事もあるのですね。

オークションの落札リストを明示して説明する業者

そのような業者の場合は、たいてい業者オークションの落札リストを来店客に明示してきます。過去に開催されたオークションにおける客観的な数字データを、一覧表形式で明示してくれる業者が多いのですね。
例えば1行目には「車Aは100万円ほどで落札されて、事故歴はない」等と明示されています。そして2行目には「車Bは48万円ほどで落札され、事故歴があった」などの具合ですね。そのような車のリストが一覧表になっている訳ですが、そのデータを基に査定金額を提示して説明している業者が多数あるのです。
そして来店客としては、そのようなデータを見ると思わず信用してしまうでしょう。オークションの客観的な数字データが用いられているだけに、たとえ車の売却金額が安くても、「それが事実ならば仕方がないかな」等と思う事が多いようですね。

エンジンの調子などの情報が盛り込まれていないのでアテにならない一面も

しかしそのような客観的なデータは、正直あまり過信しない方が良いとも考えます。肝心な情報が隠れている事があるからです。
例えばあるお店に立ち寄って、車の状態を見てもらったとします。そしてその時に提示された金額が、40万円だったとしましょう。
来店客としては、40万円という金額ではちょっと安すぎると思いました。それに対して買取店が、上記の客観的数字を見てくれるのですね。「オートオークションでこのような状況だったので、当社としては40万円で買い取ります」等と説明される事が多いです。そのオークションのデータが事実に基づいたものだけに、来店客としては渋々ながらも40万円で売却する事もあります。
ところがその買取業者が提示しているデータでは、「エンジンの調子」などの情報が隠されている事もあるのですね。エンジンの調子が悪いので40万円になるのですが、実際にはそれはリストには書かれていません。
来店客から提示された車には、エンジンに何も問題が発生していないとします。その際には本来の金額は、50万円などになるでしょう。しかしリストでは、そのエンジンの不具合は書かれていないのですね。ですので来店客としては、騙されてしまう訳です。
ですので買取店のリストは、あまり信用し過ぎない方が良いでしょう。あくまでも他のお店による買取り金額と比較をした上で、40万円が高いかどうかを決めるのが良いと思います。
プリウスの買取業者